オークションを使うデメリット

オークションを使うデメリットとは?

 

オークションを使うデメリット

オークションで車を直接売る場合メリットだけではなくてデメリットも有ります。

 

オートオークションのメリッは車買取相場以上で売れる可能性があるということです。

 

デメリットとして車買取相場以下になる可能性がでてくるということです。

 

 

先ずは確実に売れるとは限らないのがデメリットの一つです。

 

買取業者やディーラーに売却した場合、買取不可の物も有るので確実に売れるとは限りません。

 

値段はともかく売れる可能性は非常に高いですね。

 

売却先が業者と特定されているからです。

 

オークションの場合は誰が買取主になってくれるか分かりません。

 

誰かがオークションサイトを見てくれて、その上で欲しいと言ってくれた場合だけ売れると言う不確かさがあります。

 

運次第、出品次第と言う不確かさがオークションの最大のデメリットです。

 

更にデメリットとしては売却成立時の手続きです業者やディーラーに売却した場合はこうした手続き書類等も業者側で用意してくれます。

 

つまりこちら側は記入したり、必要書類を用意したりするだけで後は業者がやってくれるのです。

 

個人でオークションに出した場合、こうした作業を全て自分で行わなくてはいけません。

 

その点は面倒ですね。

 

売却成立以降のお金のトラブルもデメリットの一つです。

 

お金を分割払いにした際にきちんと振り込んでくれない、

 

オークションで遊びで落とされて落とした後にキャンセル

 

などのトラブル対応が大変です。

 

お金に関するトラブルはとても大変ですのできちんとルールを明確にしておきましょう。

 

オークションに挑戦する前に、まずは車一括査定で一度見積もりをだしてみてはいかがでしょうか?

 

クルマ下取り